牧之原市立相良中学校

〒421-0522
静岡県牧之原市相良283番地
TEL 0548-52-1233

校長室より

3学期始業式 校長の話

 みなさん あけましておめでとうございます。どんな年末、年始を過ごしましたか。
 みなさんは初日の出を見に行ったりや初詣に行きましたか?ちなみに私は毎年初詣に行っています。そこで必ずおみくじを引いてきます。今年は「大吉」でした。
 さて、2020年、令和2年がスタートしました。今年は多くの日本国民にとって一生に1度のオリンピックイヤーですね。日本で夏のオリンピックが開かれるのは1964年以来56年ぶりです。そして、今日から始まる3学期は令和元年度の締めくくりの学期です。3年生は卒業、1、2年生は進級に向けて夢や希望をもって努力し、自分を支えてくれた人やものへの感謝の気持ちを表そうという3ヶ月間になります。
 そんな3学期のスタートにあたり、2つのことを話します。

 ではまず1つめです。
 3学期もしくはこの1年をを過ごす目標として、新年を迎えるという大きな節目に、みなさんは新年の抱負を一人一人が立てたのではないでしょうか。どうでしょう、その目標に向けて、歩き出していますか。
 
 「○○の心の中の敵に勝てないときは、○○の心にもう一人の○○を育てよ」

 この○○の中に共通する漢字2文字を入れてみましょう。入る文字は何でしょうか?
 たとえば、まだ宿題が終わっていないのに、ついつい漫画を読んでしまう、ゲームをしてしまう。スマホを見てしまう。それを親に指摘されるとイラッととしてしまう。そんなことはありませんか。
 昔の剣の達人、宮本武蔵は言いました。「自分の心の中の敵に勝てないときは、自分の心にもう一人の自分を育てよ」と。もう一人の自分に自分を監視させよということです。
 特に3年生は、この2月・3月がこれまで15年間生きてきた人生最大の壁を乗り越える時期になりますが、夢や目標を達成するためには、さまざまな壁を乗り越えなければなりません。そんなとき、この言葉のように自分の心の中に自分を律するもう一人の自分を育てましょう。そういう自律した人間が自分の夢や目標に近づけ、達成することができるのです。

 2つめです。
 2学期の終業式で話したことを覚えていますか?「4つの誇り」を真の誇りにできるようにしよう。特に「黙働清掃」「つながる授業」に力を入れよう。そのためにできることを考えよう。ということでしたね。
 ところで、新年になって3階の通路のところに掲げてある横断幕が変わりました。気づいていますか。新しい生徒会スローガンです。「友達の良さを見つけ、自分の生活に生かそう!」ですね。
 今の3年生の代の「Never Stop Challenging~走り続けろ~」も良いスローガンでしたが、今回もとても良いスローガンだと思います。2年生の優しさが感じられます。
 私は、このスローガンを「4つの誇り」を真の誇りにすることにつなげてほしいと思います。例えば自分で黙働清掃ができていないと思う人は、皆さんの友達の中に必ず10分間一言もしゃべらずに黙々と清掃をしている人がいます。すばらしいことです。それを自分に生かしてください
 人前で自分を表現することが苦手な人は、そういうことが得意な人にそのこつを聞きましょう。例えば、今日この場で生徒代表の言葉を話した人はそういうことができる人です。あとでどんなことが大切なのか聞いてみてください。そうすれば、授業中の発言もできるはずです。そしてそれが「つながる授業」につながっていくはずです。
 2つ話しました。心にとめて生活をしていってほしいと願っています。
 1年生は1年生として、2年生は2年生として、3年生は3年生として、良い締めくくりができるよう、今、一人一人が抱いている決意を忘れることなく、頑張りましょう。
 これからさらに寒い日が続きますが、感染性胃腸炎やインフルエンザ等に気をつけながら、健康に注意して日々の取組を全力で行っていきましょう。

ページのトップへ戻る